新着
 11月20日(火)の放課後、家庭クラブ主催の第2回料理講習会を実施し、15人が参加しました。  今回は、2学期恒例の「似顔絵クッキー」でした。ココアと普段はあまり使用することのない食紅を使い、友達の顔やキャラクター、日頃気になっている物をクッキーにしました。焼き上がり、オーブンから出す時には、どの班も歓声を上げていました。出来映えに満足していたようです。 まずは生地づくり 食紅で着色 さて、焼くぞ! 右上は人体(内臓) こだわりのクッキー 完成!  第3回講習会は2月、チョコレート菓子の予定です。
 今朝は、放射冷却現象もあってずいぶん冷え込みました。寒さを吹き飛ばすように北高生は元気に登校してきます。県下で死亡事故が数多く発生しており、特に信号機のない横断歩道での事故も多く見られます。時間に余裕をもって登校を心がけてください。  保護者の皆様、大変寒い中での登校指導、ありがとうございました。  
 ひめぎんホールや愛媛県美術館などで高等学校総合文化祭が昨日から行われています。高校生とは思えない力感あふれる作品や繊細なタッチの作品などを参観して、素敵な時間を過ごすことができました。展示された本校生の作品や演奏の一部を紹介します。  
 今日は、清水小学校の2年生17人が、校外学習「まち探検」として本校に来てくれました。少し肌寒かったのですが、児童の皆さんは元気いっぱいでした。見る物すべてが新鮮で、たくさんの質問がありました。 「高校では、どんな勉強をするのですか」「生徒の人数は何人ですか」「小学校と違うことは何ですか」「どんな部屋がありますか」…と、次々質問が飛んできます。中には、「怖い先生はいますか?」という質問があり、本校1年生は「悪い事しないと大丈夫。優しくていい先生ばかりです。」と答えていました。  清水小学校の皆さん、いろいろな発見ができましたか。また、是非遊びに来てくださいね。  
 ここ最近、11月にしては異例の暖かさと思っていましたが、着実に冬の足音が迫ってきているようで、寒くなってきました。発熱や体調不良で欠席する生徒も増えてきています。月曜日からはマフラーも着用可となりました。  保健委員会からのメッセージがホワイトボードに書かれていました。特に、受験に向けて頑張っている3年生は、十分に栄養と休養を摂りながら、進路実現に向けて頑張ってください。  
 昨日に引き続いて数学の初任者研修会を実施しました。本日は、北高教員の授業の参観、そして3名の先生による授業と研究協議が行われました。初めての生徒を前にしながらも堂々と、そして、チャレンジ精神にあふれた授業で感心しました。今回の研修を糧に授業力の向上に努め、数学が好きな生徒を一人でも多く育ててほしいと思います。6人の初任者の先生方、お疲れ様でした。  
 今年度新規採用された数学の初任者6名が本校に集まって授業研修会を実施しました。本日は、開会行事、教頭講話、そして3名の先生による授業と研究協議が行われました。9月の授業研修会に続く2回目の北高での研修ですが、授業プリントやICT教材を準備して“わかる授業”が展開されていました。
 今日は5時間目に、3年7組がクラウドファンディングをテーマにしたポスターセッションを英語で行い、2年生1クラスが聴衆として参加しました。11のテーマに分かれて班ごとに何時間もかけて調べた上でまとめた企画を英語でプレゼンしていました。学校の駐輪場の照明設置や松山中心部の再開発、四国への新幹線誘致、地域コミュニティ活性化に向けた公民館建設など、高校生目線で課題を見いだしての企画でとても興味深いものでした。英語力も磨きをかけることができたと思います。次は、2年生に発案を期待したいと思います。  
 先週から教育実習に来ている泉先生が、1年1組でホームルーム活動「あなたのアイデンティティとは? ~AIにとって代わられない自分らしさ~」というテーマで研究授業を行いました。人間とAIの違いについてグループでの話し合いでは、人間は、「感情がある、自分で考える力がある、三大欲求がある」の他に「相手の気持ちを理解できる、創造力がある、緊急時の対応ができる、読解力に優れている」といった意見が出て感心しました。AIには負けない強みを身に付けていかないといけませんね。  
 11月6日(火)に、全校朝礼で新規採用教員講話として西岡先生の講話がありました。先生が在籍していた工学部での学びについて触れて、マラリアの研究に没頭したことや研究発表の際には英語が必要であることなどを熱く語りかけました。最後に生徒に、「明確な目標をもって、大学に行ってほしい」「大学や研究室を自分で調べてみよう」「行動することが大切!」とメッセージを送りました。  
愛媛県立松山北高等学校生徒会では、松山市興居島を舞台に、松山市市民活動推進補助金の助成を受け、地域づくり活動に取り組んできました。今回、この活動の一環として、興居島に関する検定問題を制作し、11月10日11時より「ごごしま検定2018」をハイムインゼル興居島にて実施いたします。皆様、ぜひご来場ください。 詳細はこちらをクリックしてください。
ブログ
11/07
パブリック
 朝日新聞社主催のオーサービジットという企画で、作家の辻村深月さんが来校され、図書委員の1・2年生を主体とした53名が参加しました。  まず事前に行われていた「松山北高校を舞台にした小説を考えよう」という宿題についての講評をいただき、その後グループワークを行いました。学年もクラスも超えたグループで一つの物語を作るのは難しいものでしたが、活動が進むにつれて笑い声も起こり、各グループの発表時には「おお…!」といった感嘆の声も聞こえるなど、たいへん実りのある活動になりました。  最後に先生からは「小説を書くことに正解はないこと」や「大人にはない自由な発想を大事に伸ばしてほしい」というお言葉をいただきました。
 今日は午後、県下の小学校・中学校・高等学校の算数・数学の先生方が本校に集まって、連絡協議会を開催しました。2クラスで研究授業を実施して、北高の数学の授業を参観していただきました。1年生では近藤先生による授業で、トランプのポーカーを題材にした確率の問題に取り組みました。2年生では渡部先生による微分法の授業で、グラフを利用して方程式の解について考えました。ともに、ICTを活用し、グループワークやペアワークを取り入れた授業で、生徒が楽しく学ぶ姿が印象的でした。  
 11月3日(土)の進研模試の後、1年生72名で家庭クラブ主催の「万葉苑清掃ボランティア」を行いました。家庭クラブのこの活動は、30年以上続く伝統的な活動です。  爽やかな秋空の下、生徒たちは模試の疲れを感じさせず熱心に落ち葉を集めたり、時には手を止めて苑内の慰霊碑や句碑、植物の説明を見たりしていました。      
 昨日に続いて、授業公開の2日目です。今日は午後から中高連絡会を開催して、中学校の先生方にも授業を参観していただきました。来年も、多くの中学生に本校を受験してもらいたいと思います。  
 5時間目は、各クラスで人権・同和教育ホームルーム活動が実施されました。身の回りの差別について考えたり、差別解消に向けての歴史を学んだり、学年でテーマに沿って学習しました。授業公開は、明日も行います。是非、北高生の学びをご参観ください。