ブログ

松山北高校日記(ブログ)

シェイクアウトえひめ

 シェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)を、今回は生徒に事前に予告をせずに実施をしました。地震の放送の後、落ち着いてDROP(低く) 、COVER(頭を守り) 、HOLD ON(動かない)が実践できていました。担当教諭の講話では、地震後の被害状況の放送をよく聴いて、避難する重要性を確認することができました。

 

0

お茶菓子講習会(茶道部)

今日は、いつも素敵なお茶菓子を作ってくださっている、もち平の平井さんをお招きして、和菓子の作り方を教えていただきました。

繊細な和菓子を作るのがどれだけ大変か、和菓子を作ってみて初めて感じることができました。お茶を点てるだけが茶道ではなく、所作の一つ、お菓子をお客様へお渡しする時の動作や気持ちについて改めて考えることができました。

平井さん、本日はお忙しい中ありがとうございました。

0

いじめSTOP!愛顔あふれる地域フォーラム2018(中予地区)12月15日(土)

「いじめSTOP!愛顔あふれる地域フォーラム2018(中予地区)」が砥部町文化会館で開催され、教員1名と生徒会役員3名が参加しました。最初に愛媛県のいじめの現状について知り、中学校からの実践報告を聞きました。その後分科会に分かれて、「いじめを見たらどうするか」「いじめをなくすためにどのような取組が必要か」などを話し合いました。この会には小学生・中学生・高校生・大学生・教員・保護者などが参加しており、それぞれの立場から活発な意見が出されていました。この会で学んだことや感じたことを学校でも発信し、いじめの防止に役立てていきたいと思います。

0

2年生学年集会 12月13日(木)

 この日は、体育館で2年生の学年集会が行われました。まず、夏に日本の次世代養成塾に参加した生徒から体験報告がありました。他の参加者の豊富な知識量や高い志に圧倒されながらも、とてもよい刺激を受けたようで、これからの高校生活への意気込みを語ってくれました。続いて大学入学共通テストのプレテストを受験した生徒から、多くの文章を読み取る読解力の必要性が伝えられました。

 最後に、学年主任から11月に行われた模擬試験の結果を踏まえて、高い目標の必要性や家庭学習時間の確保、受験までの時間を意識した生活について熱く話がありました。よく言われる「3年生0学期」に向かうまでのこの12月の月日を有意義に過ごしてほしいと思います。

 

0

1年学年集会

 12月14日(金)の朝、学年集会を行いました。「松山北高1年生2年0学期に向けて」という題で、明確な目標を持って夢を実現していくことの大切さを、卒業生を例に挙げて、具体的にお話していただきました。肌寒い剣道場ではありましたが、みんな真剣な面持ちでお話に耳を傾けていました。成功の陰には努力があること、その努力は明確な意志によって築かれていくことを感じ取ってくれていると思います。2年生になる準備を進めていきましょう!

 真剣な面持ちの1年生  

0

2学期クラスマッチ

 今日、1・2年生はクラスマッチを行いました。昨日からの雨でグランドコンディションが悪い中、朝早くから多くの部活動が準備をしてくれたおかげで無事に実施することができました。各競技の優勝はもちろん、総合優勝を目指してどのクラスも熱気に溢れていました。「今回の反省を生かし、3学期こそは優勝するぞ!」と閉会式後、早速気合いの入っている生徒もいました。

 

0

2年生 北斗林作業 12/10(月)

天候不良のため順延になっていた北斗林作業が本日行われました。

天候にも恵まれ、片道5kmの道のりを2年生全員が徒歩で移動し、伐採作業を行いました。

木を倒した後、枝打ちをしたり、3メートル毎に鋸で切断したり…

安全に留意し、各クラス協力して作業を行うことができました。

 

 

 

 

0

2年生 高大連携講座 12/6(木)

 2年生にとって2回目となる高大連携講座。生徒たちは愛媛大学工学部3講座、松山大学薬学部1講座、そして本校会場の出張講義6講座、計10講座に分かれて受講しました。

 講義や実験を通して、たくさんの教養や知識、刺激をいただきました。進路に対する考えが深まるとともに、進路実現への気持ちがより一層高まりました。

       

 アフリカと日本をつなぐ             言語と文化 

       

コンビニの立地を通して見る地理学   法学部での学びと国際法・国際連合の世界

       

これからの教員に求められること    がんとともに生きる そのとき看護には何ができるのか

       

  ガラスはなぜ透明か?

       

 野菜や果物に入っているビタミンCの量を比べてみよう

0

家庭クラブ主催 第4回乳児院訪問

 12月4日(火)の放課後、1年生2名、2年生3名で松山乳児院を訪問しました。男子生徒は、訪問する前には「泣かれたらどうしよう。」と不安を口にしていましたが、部屋に入ると子どもたちから近づいてきてくれて、心の底から楽しんだようです。職員の方々が「いっぱい遊んでくれて、子どもたちがいい顔をしていた。」と言ってくださり、参加した5名も初めとは違う柔らかい表情で乳児院を後にしました。

<生徒の感想の一部>

・私が経験したことのないようなさまざまな状況の小さな子どもたちの家である乳児院、親である保育士さんや看護師さんや看護師さんの大切さや苦労は計り知れないと思います。いつもの学校では抱かない感情や学べる知識・・・貴重な体験をさせていただきました。

・今日ボランティアをした中で印象に残ったのはアンパンマンの影響力です。泣いてしまっている子が多かったのでテレビをつけると、みんな遊ぶのを忘れてずっと集中してアンパンマンを見ていて、アンパンマンはすごいなと思いました。

・部屋に入った時、おやつの時間だったので気まずい感じになって、二人くらい泣かせてしまいました。でも、遊びの時間になると、食べ物のおもちゃを渡してくれたりして、温かい気持ちになりました。

 

0

2年生 地域を担う心豊かな高校生育成事業 12/4(火)

 天候が心配されましたが、2年生有志60名は愛媛万葉苑や護国神社内城北高女殉職学徒追憶碑周辺の清掃ボランティア活動を行うことができました。

 管理をされている方の説明を聞いたり、美しい紅葉を見たりしながら、いい汗を流しました。

   

   

 

0