ブログ
自転車点検を行いました。 生徒課担当から交通事故防止、交通マナーに関する話がありました。 一人ひとりが北高生としての自覚と「思いやり」「ゆずりあい」の心を持ち、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を心掛けましょう。
1年生は合格者招集日と新入生オリエンテーション、2年生は9日のHR活動で「エンパワーメントプログラム」への参加案内をしました。現在、7月8日(木)実施(当初予定は9日(金)でしたが変更になりました)の「説明会」への参加申込みを受付中です。申込用紙はお子様が持ち帰っております。締切は4月28日です。「説明会」で業者からの説明を聞いてのち、プログラムへの申込みを決定してください。「説明会」当日はできるだけ参加希望生徒と保護者の両方の参加をお願いします。多くの参加をお待ちしています。
茶道部です。 北斗園の藤の花がとても美しかったので、お道具を持ち出して野点を行いました。ちょうど藤の花のお菓子だったので、風情もひとしおでした。 普段の活動は記念館2階のお茶室で行っていますが、このような所でお点前をするのはとても楽しく心に残りました。
雨が降ったり止んだりの1日でした。 自転車置き場に行ってみると、多くの自転車にカッパがかけられていました。 風の強い日はカッパやナイロン袋などが飛ばされてしまうことがあります。生徒の皆さんは洗濯ばさみで止めておくなど工夫をしてみてください。また、名前を書いておきましょう。   北斗園では藤の花がきれいに咲いていました。   本日6時間目、体育館にてクラス写真撮影を実施しました。 また、1年生は生徒手帳用に個人写真の撮影も行いました。
本日は、全クラスでグループエンカウンターが行われました。 これは、「新しいクラスでの円滑で望ましい人間関係を築くこと」を目的とした活動で、クラス担任の個性が色濃く出るものでもあります。 3年生のあるクラスにお邪魔しました。 みんな、いい表情でグループ活動を行っていました。 明日から1週間、面談週間です。困っていることや悩んでいることがあれば、担任の先生に何でも相談してくださいね。
ブログ
04/11
パブリック
写真は4月8日(木)の放課後、第2教棟3階の男子トイレ入口付近です。 この日は入学式。新2、3年生が旧分担の大掃除をしました。 隅々まで丁寧に磨き上げられた鏡、床。水回りの汚れも一切なく、新築を思わせます。 次にこの場所を使う後輩に向けた先輩の優しさが伝わってきました。 行き届いた清掃に感謝の気持ちを込めて、掲載します。
新入生オリエンテーション後、部活動紹介が行われました。 各部、時間制限内に趣向を凝らしたパフォーマンスを披露していました。 部登録は4月15日(木)です。
1年生対象に、オリエンテーションが行われました。 学校生活、学習に対する取り組み方、生徒手帳の使い方など、たくさんの話を聞きました。 3時間目のホームルーム活動では自己紹介をしました。どのクラスからも笑いや拍手が起こり、和やかな雰囲気に。 4時間目は校内散策をして、特別教室や自動販売機、購買の場所を確認しました。 来週月曜日からは授業が始まります。 忘れ物がないように、そして持ち物には名前を書いておきましょう。
ブログ
04/08
パブリック
本日360名の新入生を迎え、第75回入学式が挙行されました。 式のあとは初めてのホームルーム活動。 何もかもが新鮮で、めまぐるしい1日だったと思います。 明日はオリエンテーションがあります。生徒手帳を持ってきてください。 自分のものだと分かるように、名前を書いておいてくださいね。
令和3年度第1学期が始まりました。 新任式、始業式がリモートで各クラスに配信されました。   その後、担任発表が行われました。 縁と出会いを大切にして、このクラスで1年間ともに歩んでいきましょう。
午後、入学式の会場準備が行われました。 多くの部活動生が手伝ってくれました。先輩から後輩へ、作業内容が引き継がれていきます。 下は、ちょうど1年前の写真です。桜が満開でした。 今年はほぼ葉桜になってしまいましたが、新入生の皆さんのために散らずに残っている桜を見つけました。いよいよ明日は入学式です。
本日、今年度松山北高校に着任した15名の先生の新任式が実施されました。 新任者を代表して、友澤義弘校長が挨拶を行いました。 明日は新クラスで点呼の後、リモートにて新任式・始業式、そして担任発表があります。 朝、余裕を持って登校してください。みなさんの元気な笑顔、楽しみにしています!
ブログ
04/07
パブリック
NPO団体松山北高校興居島ボランティアチームからの連絡です。 4月10日と11日に予定していた興居島での島四国清掃ボランティアですが、現在の新型コロナウイルスの感染状況を考慮し中止とします。
ブログ
04/06
パブリック
写真は3月末のものです。 本館4階男女トイレの修繕工事が始まりました! 上記箇所の他に、今年度は第4教棟3階及び1階の男女トイレの修繕工事が行われます。北高の設備を、北高生皆で大事に使っていきましょう。
(準備中) 令和3年度 愛媛県立松山北高等学校 女子卓球部 (令和3年4月 日更新)    (令和3年3月1日 卒業式) 〇部員数(令和3年4月 日現在)  1年生 名  2年生9名  3年生6名  計 名  〇今年度大会結果   〇今年度大会予定 令和3年   4月24、25日  県総体中予地区予選(武道館)       5月23日     大洲市長杯(大洲)      29、30日  松山卓球選手権(団体、シングルス)    6月5~7日    県高校総体(砥部ゆとり公園体育館)      19,20日  四国総体(香川県)    7月11日     国体県選考会(コミセン)      31日     松山卓球選手権(ダブルス)    8月11~17日  全国高校総体(富山県)       (未定)    松山選手権(コミセン)ジュニアの部       28、29日  国民体育大会 四国ブロック(徳島県)    9月11~12日  愛媛県卓球選手権 四国選手権予選会(コミセン)   10月 1~ 4日  国民体育大会(三重)        10日     愛媛県選手権 兼 全日本予選ジュニアの部(コミセン...
本校の稲葉教諭が博物館在職時に研究した取組が、読売新聞の記事に取り上げられました。 稲葉教諭は、県内の高校に保管されていた絶滅危惧種であるライチョウの剥製の産地欄から、100年以上前の生息地が現在と異なることを割り出しました。 生物学のみならず、産業史、教育史としても資料価値の高い剥製標本の適切な保存と活用を求める内容となっています。 「希少な剥製 校内から続々」  2021年3月5日 読売新聞 (2022年4月4日まで掲載可)
(準備中) 令和3年度 愛媛県立松山北高等学校 男子卓球部 (令和3年4月 日更新)    (令和3年3月1日 卒業式) 〇部員数(令和3年4月 日現在)  1年生 名  2年生9名  3年生3名  計 名  〇今年度大会結果   〇今年度大会予定 令和3年   4月24、25日  県総体中予地区予選(武道館)       5月23日     大洲市長杯(大洲)      29、30日  松山卓球選手権(団体、シングルス)    6月5~7日    県高校総体(砥部ゆとり公園体育館)      19,20日  四国総体(香川県)    7月11日     国体県選考会(コミセン)      31日     松山卓球選手権(ダブルス)    8月11~17日  全国高校総体(富山県)       (未定)    松山選手権(コミセン)ジュニアの部       28、29日  国民体育大会 四国ブロック(徳島県)    9月11~12日  愛媛県卓球選手権 四国選手権予選会(コミセン)   10月 1~ 4日  国民体育大会(三重)        10日     愛媛県選手権 兼 全日本予選ジュニアの部(コミセン...
令和3年度 1学期 新聞掲載コーナー  新聞各紙で取り上げられた松山北高校関連の記事を紹介するページです。なお、掲載してある紙面の著作権は各新聞社にありますので、二次的な利用は御遠慮願います。 「希少な剥製 校内から続々」  2021年3月5日 読売新聞 (2022年4月4日まで掲載可) 「春、新たな舞台へ 県内高校生アスリート」 2021年4月1日付愛媛新聞   (掲載許可番号:d20210401-02)
本校を3月1日に卒業した池田君、野本君(陸上競技部)、奥野君(愛顔スポーツ部)の進路が記事に取り上げられました。 それぞれの進路先での、さらなる活躍を期待しています! 「春、新たな舞台へ 県内高校生アスリート」 2021年4月1日付愛媛新聞 (掲載許可番号:d20210401-02)
郷土研究部では今年度の研究テーマのひとつとして、松山市小野地区に残る「小野小町伝説」(民俗学の泰斗、柳田國男も著書の中で言及しています)について調べています。 今回は、桜の花にうららかな春の陽が差す「小野谷」にある正観寺を訪ね、ご住職から伝説についてのお話しを伺い、貴重な史料をお貸しいただきました。また、伝説にゆかりの深い梅元廃寺も案内していただきました。 地域の方々は今も梅元廃寺の管理をされており、伝説をとても大切にしていらっしゃいます。 小野谷には古墳時代後期(6世紀中頃)に築造された葉佐池古墳もあり、古くから地域の重要拠点として栄えたところです。 9世紀の人物で六歌仙に数えられる小野小町と、古くからの歴史ある小野谷の間がどのような糸で結ばれたのか。自分たちなりの答を探求していきたいと考えています。
3月30日に行われた伊予銀カップダブルスの部で、女子の土居・白石ペアがベスト8まで勝ち進みました! 準々決勝で第1シードと対戦。健闘したものの、力の差を見せつけられての惜敗でした。 男子は2ペアとも初戦から苦戦を強いられ、接戦をものにできずの惜敗でした。 2日間の実践経験を糧に、総体に向けてさらに力をつけていってほしいと思います。
4月1日。令和3年度がスタートしました。 新年度も松山北高校をよろしくお願いします!   下校時における交通安全のために設置されている「一時停止」の表示が新しくなりました! 北高のイメージキャラクター「好古くん」が生徒の皆さんを見守ってくれています。 令和3年度「交通事故0」を目指して、時間と心にゆとりを持った生活を心がけたいと思います。
長井俊朗校長。先日60歳の誕生日を迎えた。教員生活37年。 最後の日を迎えた長井校長の眼差しは達成感に満ちていた。 校長は全校生徒のことをいつも気にかけており、称賛式や式辞では生徒一人一人の活躍を取り上げることで、生徒の自己肯定感、互いを認め合う心を育みました。 生徒を愛し、生徒に愛される校長でした。 教育委員会のホームページには長井校長執筆の「私の教育実践―之を楽しむ者に如かず―」が掲載されています。本校テニス部員との活動の様子や写真が紹介されていますので、ぜひご覧ください。(タイトルをクリックし、PDFファイルをダウンロードしてお読みください)         37年間、本当にありがとうございました。
3月18日(木)、2年生修学旅行の代替行事として演劇倶楽部『座』による「野菊の墓」の観劇を行いました。(詳細については3月18日北高日記をご覧ください)   壌 晴彦 様より、本校生徒たちの感想文抜粋をいただきましたので、ここに紹介します。 ワークショップ、観劇を通して、これからの日本文化、日本語を大切にしていこうとする気持ちの種を生徒たちの心に蒔いてくださいました。貴重な機会をありがとうございました。   古典ならではの美しさは古典をまだ勉強している私たちには分かります。だからこそ私たちが次の世代に古典の素晴らしさを伝えて行きたいと思いました。 ワークショップの中で壤さんがおっしゃった「良い文章を読み、良い音楽を聴き、美しい形や所作を見て、自分の頭の中にたくさんの引き出しを作っておくことで想像力が生まれる」という言葉が心に残った。 今日の公演で耳に刻んだ「美しい日本語」を忘れません。自分たちが学んで「正しい日本語」を伝えて行く必要があるんですね。 もっと多くの古典作品を読んでみたいと思いました。 この観劇は、日本文化について深く知りたいと思うきっかけになりました。読書や観劇で日本について学...
今年度最後のボランティアチーム報告です。 2月から回収を進めていたエコキャップ(ペットボトルキャップ)を松山市社会福祉協議会・松山市ボランティアセンター(松山市総合福祉センター)に持っていきました。2か月ほどの回収期間でしたが90リットルごみ袋2袋分になりました。        先日は使用済みカイロを郵送しました。 ボランティアセンターではほかにも、ベルマークやプルタブ、古切手などを回収しているようです。        4月から回収を再開します! ご協力をお願いします。
3月29日、今年度最後の興居島訪問です。 興居島支所で行われた地区長会に参加させていただき、令和2年度の活動について報告させていただきました。    今年度は、興居島を合計10回、釣島を1回の合計11回の清掃活動を実施させていただきました。 (チームとしては中島でも1回実施しました。) そのほかにも、清掃活動の打ち合わせや豪雨災害の被災状況視察、いよかんの共選場訪問など、何度も興居島を訪問させていただきました。 チームの報告とともに、2年生が取り組んだ「ごごしまカレンダー」のお披露目も行われました。 興居島の方々にご協力いただき、島の風景や島民の方々の写真を掲載しています。4月上旬には完成版をお届けできると思います。 興居島での活動のお礼にと「ごごしまタオル」もいただきました。      環境啓発ポスターの掲載もお願いしました。写真は松山興居島郵便局です。 今後も作成し、島の各所に掲載していきたいと考えています。
3月26日に徳島県で開催された「エシカル甲子園2020」に四国ブロック代表として出場しました。 全国各地から10校が参加し、「エシカル」活動を報告しました。 入賞することはできませんでしたが、特色ある活動内容やプレゼン方法を知ることができ、今後の活動の刺激となりました。
3月29、30日(土、日)の2日間、松山中央公園テニスコートにて2021年第30回伊予銀カップジュニアテニス大会が開催されます。   本日は男子シングルスに2年生 山内 渉くんが出場。 初戦、2回戦と勝ち進み、準々決勝まで駒を進めています。   明日はダブルスが行われ、地区予選を突破した3組 男子 山内・河江  松田・山本 女子 土居・白石  が出場します。皆さん、応援よろしくお願いします!
朝の桜と、部活動の風景です。 午後は、女子テニス部、野球部、男女バスケットボール部が活動に励んでいました。 市内の高校は練習試合が制限されました。予定変更を余儀なくされた部活動が多くありますが、目標を失わず、知恵を出し、工夫を重ね、今の状況においてできることをしっかりとやっていきたいと思います。
ブログ
03/26
パブリック
本日、離任式が行われました。 永年勤続者として長井校長、菊山先生が表彰された後、転任者が北高での思い出等述べました。 写真は、教職員離任式での様子です。    続いて、体育館にて離任式が行われました。 1、2年生は体育館に集まり、卒業生は3月1日以来の懐かしいホームルーム教室に集まり、リモートで視聴しました。 転任者それぞれが生徒たちへの感謝の気持ち、北高への思いを語りました。     最後に生徒会から花束贈呈、校歌静聴で式を締めくくりました。   先生方、長年に渡る北高での教育活動、ありがとうございました。 次の赴任先でのさらなるご活躍を願っています。 
3月23日、24日の二日間にわたって、この春卒業し、大学に合格した先輩にお越しいただき、1、2年生との座談会を実施しました。ついこの間卒業したばかりですが、先輩たちは一気に大人びた雰囲気で、とても穏やかで明るい雰囲気でした。 各教室に別れて、少人数のグループになり、ざっくばらんにお話をしました。1年生は勉強の仕方や集中する方法、眠い時にはどうしていたかなど、2年生は志望校の選択やこの時期にしておくべきこと、受験をどう乗り切ったか等々、さまざまな質問をしていました。難関大に合格した先輩も来て下さり、高いレベルを目指す心得を学びました。この春、合格を勝ち取ったばかりの先輩のお話は大変力強く、1、2年生も刺激を受けました。1時間ほどでしたが、時には集中し、時には和気藹々として1、2年生にとって大変楽しく有意義な時間となりました。 新しい生活に向けて準備の忙しい中、来校してくださった先輩方ありがとうございました。
事務室周辺に癒やしの場所があるのをご存じですか? いつも頑張っている生徒の皆さんに癒やしが提供できれば…と、本校事務職員が小物を置いています。   誰がしているのか謎ですが、日々小物の配置が変わります。3年生が卒業したあとも続いているので、今の在校生ですね。 あなたがしてくれていることに、日々癒やされ、救われている人がいます。さりげなく優しさを配る…とっても素敵な行いですね。 優しさや思いやりが至る所に溢れている、そんな学校になりますように。  
地域の魅力発信高校生サイクリング推進事業に伴って誕生した『サイクリング同好会』。部活も学年も違うメンバーが集い、講習を受け、サイクリングイベントに参加したり、しまなみ海道までのサイクリングに挑戦したり、サイクリングを通して中島分校との交流を深めたりと様々な活動をしてきました。 新入生の皆さん、新2年生・3年生の皆さん、令和3年度も継続する事業ですので、ぜひ一緒にサイクリングを楽しんで、地域の人々との交流を深め、地域の魅力・サイクリングの魅力を発信しませんか?お待ちしています!
今日は補習最終日。 明日から4月8日の始業式までは、自分で計画・実行する日々です。 自己を律して、取り組んでみてください。期待しています。   終業式前の写真です。日当たりのよい北斗園にある桜が咲き始めました。 夕方は、部活動をしている教室の明かりを背景に、誇らしく、力強く咲いています。  
 3月21日(日)愛光高校にて、第36回松山市春季弓道大会が開催されました。午前中は雨天で弓具等を気にしながらの進行でしたが、午後は雨も上がりコンディションが良くなり、的中も全体的に上がってきました。  全員で出られる大会として良い経験ができたのではないかと思います。総体に向け本格的にチーム作りをしていきます。   
3月14日(日)、松山市総合コミュニティセンター体育館にてセキ記念ジュニア選抜強化卓球大会が開催されました。本校からは三好・小原・佐々木の3選手が出場しました。 予選では、各リーグに招待選手が1名加わり、レベルの高い選手に挑むことができました。3選手とも敗れ(勝敗の記録には反映されません)、レベルの違いを見せつけられました。間の取り方、戦術、1球の質の高さ…少しでも差を縮められるように頑張ります。結果は以下の通りです。   【予選リーグ】  小原 5勝0敗 1位   佐々木 5勝0敗 1位   三好 2勝3敗 4位 【順位別トーナメント】 1、2位トーナメント 1回戦 小 原 3-0 川 村(TTC愛媛)                佐々木 3-1 星 加(帝京第五高)            2回戦 小 原 3-1 戒 野(宇和中)                佐々木 0-3 月 原(常盤HS)            準決勝 小 原 3-1 中 城(松山卓球教室)            決 勝 小 原 棄 権 武 智(内宮中)               ※負傷により5ゲーム目で棄権、小原 2位 3...
国公立大学の中期、後期の合格発表が始まっています。今年度の卒業生は最後まで粘り強く戦っています。北高マニフェストで進学の目標として国公立大学合格190名を掲げていますが、本日218名の合格を達成しました。 一人ひとりの結果は悲喜こもごもありますが、休校からのスタートを余儀なくされる中、最後まで頑張り抜いた卒業生の皆さんに拍手を送ります。   国公立大学の詳細は→こちら
3月21日(日)、松山西中等教育学校体育館にて令和2年度 松山市東西南北対抗バスケットボール大会が開催されました。本校女子バスケットボール部は、  松山北 74-43 松山西 松山北 75-57 松山東 で見事優勝しました!
3月17日と18日の2日間、大阪城ホールで開催されました。 この大会は、2月に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期されて実施されました。本校からは卒業した3年生2名が参加しました。コロナに翻弄された3年生ですが、高校最後の大会も、見事に入賞して有終の美を飾ってくれました。   池田 海 U20男子110mH B決勝1位 野本唯人 U20男子棒高跳3位
3学期最終日。会議室にて称賛式、終業式が行われ、Google meetを用いて各クラスに配信しました。 称賛式では写真の他にも多くの賞について表彰伝達が行われました。詳細はこちらをクリックしてご覧ください。 続いて終業式では校友会賞、努力賞の表彰が行われました。   式辞では、特に心に残っている2名の生徒について、校長から話がありました。 夢に向かって頑張っている気持ちを担任として後押しし、現在その道で立派に活躍している生徒、好きな音楽の話から心を開いてくれた生徒… 17年ぶりの授業で話を聞いてくれた102HRの生徒への感謝の気持ちも述べました。 (式辞についての詳細は3学期終業式 式辞.pdfをクリックして内容をご覧ください)   進路課長からは卒業生からの話、メタ認知、双曲割引について、生徒課長からは交通マナー、挨拶についての話がありました。 新年度までの期間、課題、各教科の苦手分野克服、部活動、趣味の時間…計画的に行動し、充実した春季休業を過ごしましょう。 今日から頑張ることで、新学期の自分は大きく成長しているはず!  
3月19日、海外研究・英会話部主催で、異文化理解の座談会を実施しました。講師は、今学期、2度に渡り大学生とオンライン交流をさせていただいたディキンソン大学(アメリカ ペンシルバニア州)で日本語教師をしておられる荒井美帆教授です。時差があるため早朝7時からの実施にも関わらず、1年生7名、2年生45名の計52名もの生徒が参加しました。 荒井先生は、事前にお知らせしてあった生徒たちからの質問項目に基づき、前半は生徒参加型の講義、その後質疑応答の時間を設けて下さいました。荒井先生が日本語教師を志した経緯、アメリカ人に日本語を教えることのおもしろさや難しさ、コロナ禍におけるアメリカの教育現場、荒井先生の現在の夢など、生徒たちの多くの興味に応えて下さいました。「平仮名が書けるようになったくらいの初級の日本語学習者に、『うれしい』と『たのしい』という言葉の違いをどうやって日本語で教えますか?」という問いかけには、みんな首をかしげていました。 また、ネイティブであるがゆえの弱みについての質問には、「日本語を外国人として学んだ経験が無い日本人なので、外国人学習者にとって何がわからないかを考えるのが難しい。その...
愛媛大学グローバルサイエンスキャンパスは、全国の高校生を対象とした事業で、愛媛大学や地域の企業と連携しながら科学に関する様々な活動に取り組み、グローバルに活躍しうる科学技術人材を育成することを目的としています。 本校生徒の伊藤遼さん(科学部)・高橋一矢さん(科学部)・岡本大雅さん(硬式テニス部)の3名がこのプログラムに参加し、定員約10名の二次選抜受講生に見事選抜されました。今後彼らは約半年間かけて、愛媛大学の教員の方々に指導していただきながら、研究活動に取り組みます。 若き科学者たちのこれからの活躍に注目です!
3月18日(木)の総合的な探究の時間とHRの時間に、「バーチャル市役所」の取組成果について、GoogleMeetを利用してのオンライン発表会を実施しました。「バーチャル市役所」では、1年生が「人口減少社会に生きる私たち」をメインテーマに8つの課題についてグループに分かれて研究してきました。 代表生徒による発表テーマとタイトルです(発表順に記載しています)。  1 「まちづくり・社会基盤」:坊っちゃん列車を活用するには?(1年5組)  2 「地域づくり・市民活動」:移住の推進(1年8組)  3 「福祉・子ども」:子供を育てやすい環境や制度(1年2組)  4 「医療・健康」:がんの予防から始める医療と健康(1年8組)  5 「環境・リサイクル」:みかんの皮(1年2組)  6 「仕事・産業・観光」:松山の魅力 in 道後(1年2組)  7 「防災・安全」:南海トラフ大地震における被害を減らすために(1年6組)  8 「教育・文化・スポーツ」:松山市をより良くするために(1年1組)  chromebookなどを活用して調べた内容や市役所への質問内容、自分たちで直接調査した内容などをもとに課題や改善方法などが発表されました。 「バ...
修学旅行の代替行事として先日のスポーツデイに続き、本日はその第2弾。文化活動と校外活動を行いました。 演劇倶楽部『座』による「野菊の墓」では、2時間の演劇に魅了されました。15歳の少年政夫と2歳年上の民子との淡い恋を描いた作品で、ピュアであることの尊さ、本当の幸せとは何なのかを深く感じさせられる素敵な公演でした。最後のシーンでは涙を見せる生徒もいて、2年生にとっては大切な時間となりました。観劇の機会をご準備くださった木本康聖様(本校OB)、壌晴彦様をはじめとした『座』の皆様に改めてお礼申し上げます。 校外活動では、とべ動物園やこどもの城などでクラスの融和を図りました。新しく生まれた「とべもりジップライン」に挑戦する生徒も多く、晴天の中、級友との時間を満喫しました。また、年末に行われたスピードスケートの全日本ジュニアショートトラック・男子1000mで優勝した越智大翔君が所属するクラスは伊予鉄スポーツセンターでアイススケートを楽しみ、彼のスピード感に全員が足を止め見入っていました。
 2年生が、認定NPO法人 演劇倶楽部『座』による「野菊の墓」公演(3/18)と「言霊」ワークショップ(3/17)に参加しました。この文化活動は、本校第34回卒業生の木本康聖様からご提案いただいたもので、「美しい日本語を伝えていく」ためのワークショップに参加し、その活動をふまえた上で観劇させていただくという壮大なものです。今回の公演とワークショップは、全国公演に先駆けてのもので、多数のメディアの取材に囲まれて注目された中で実施されました。  3月17日(水)はまず、ワークショップに参加しました。私たちの母語である日本語の特質をわかりやすくご講義いただき、「野菊の墓」の台詞を、母音で発声してみるという活動に挑戦しました。  私たちが日常の中で何気なく用いている母語ですが、その一音一音を意識して発声することは、自分の話し言葉を意識することにつながり、それは自分自身の内面を意識することにもつながっていきます。第一線で活躍されている俳優さんたちの発声に圧倒されながら、あっという間に時間が過ぎていきました。  美しい日本語という意味でも、そして、「野菊の墓」という作品自体に対しても、明日の公演が待ち遠しい一...
松山大学薬学部で,薬剤師のお仕事を体験しました。 写真は,散剤(粉末の薬)・水剤(液体の薬)・軟膏剤(塗り薬)を実際に『調剤』している様子です。最近の薬剤師は聴診器を使って,薬がどのように作用しているか確認する業務もあるようで,聴診器の体験もさせていただきました。 この体験を,今後の進路選択に役立ててください。
ブログ
03/17
パブリック
3月16日(火)の午後、1年生のクラスマッチが行われました。バスケットボール、ハンドボール、ドッジボール、バレーボール、卓球、かるたが実施され、どの種目も盛り上がりました。クラスマッチの最後には、教員チームvs生徒代表チームのエキシビションマッチが行われました。生徒たちは1年間の成長をぶつけるかのように、容赦なく戦いに挑んでいました。1年生全体がすごく盛り上がり、良い雰囲気のままクラスマッチは終了しました。まもなく、今のクラスは解散となってしまいます。コロナ禍の状況の中、良いクラスを作ることができたのは、みなさんの素晴らしい力によるものです。2年生になると新しいクラスになりますが、今よりもさらに素晴らしいクラスを作っていってください。今後の成長も期待しています。