ブログ

松山北高校日記(ブログ)

部活動の様子 10月19日(金)

 放課後の部活動の様子を見に行きました。ずいぶん日が落ちるのが早くなって、外の部活動は照明を点灯しての活動です。運動部の新人大会や文化部の高文祭に向けて、生徒の元気な声が響いていました。

 

0

1年生 総合的な学習の時間 交流学習

 10月18日(木)湯築小学校、清水小学校、障害者支援施設久谷育成園に7クラスが分かれて訪問し、2クラスは来校した東雲小学校1、2年生と、交流学習を実施しました。

 最初にお互いが作った名札を交換して挨拶をしたのち、紙飛行機を飛ばしたり、イラストでの伝言ゲームやじゃんけん列車をしたりと、レクリエーションを通して楽しい時間を過ごしました。

 

生徒の感想(抜粋)

「子どもたちは無邪気で、こちらの話をよく聞いてくれ、まっすぐ目を見て話をしてくれました。みんなに会えてとても楽しかったし、心が洗われたような気がしました」

「私の夢は小学校教諭になることです。今回の体験を通して、夢を叶えたいという気持ちがさらに高まりました」

   

0

2年生 総合的な学習の時間 「城山回廊探索 ~ふるさと松山を旅する~」

 天候に恵まれ、さわやかな秋晴れの下、2年生はクラス単位で3コースに分かれて、城山回廊探索を実施しました。
 展示資料を見たり、職員の方の説明を聞いたり…地域の歴史や文化を肌で感じ、ふるさと松山について深く学習しました。

〇1コース 1,2,6組
  ふるさと愛媛出前授業「正岡子規の吟行の旅をたどる」及びフィールドワーク

   

〇2コース 4,8,9組
  「坂の上の雲ミュージアム」「萬翠荘」「秋山兄弟生誕地居宅見学」 

  

 

〇3コース 3,5,7組
  「子規記念博物館」「道後公園湯築城跡」「道後温泉本館」「飛鳥乃温泉」

  
 

 

0

3年生 租税教室 10月18日(木)

 3年生は、今日の総合的な学習の時間に、井上税理士さんをお招きして租税教室を実施しました。日本とアメリカの納税の仕組みや国民の意識の違いを説明されました。日本では、自分で納税する自覚が薄いために、納めた税金の用途についての関心が低い。しかし、そこに興味・関心を持つことが政治参加の一歩であるというお話が印象的でした。選挙権を有する年齢になり、社会や政治のことにも関心を持ってほしいと思います。

 

0

生徒会 興居島復興支援 10月10日(水)

本校生徒会では、「やがて主権者となる高校生は、身近な地域の課題に関心をもち、その解決策を考え、行動することが大切である」という趣旨のもと、昨年度より、人口減少の続く興居島をフィールドに調査・聞き取りを行い、興居島の魅力と課題をライフステージごとにレポートとしてまとめることで、「興居島の魅力」を広く発信し、Uターン者・移住者増を目的として活動してきました。

本年度は、「ごごしま検定」を作成・実施し、興居島の情報や魅力を広く知っていただくことにより、島を訪れる人の増加や島の方々の郷土への誇り(シビックプライド)を高め、興居島の一層の魅力アップ、人口減少抑制に繋げることを計画していました。しかし、7月の西日本豪雨により、興居島も柑橘園の崩落・農道の寸断など深刻な被害を被ってしまいました。

そこでわれわれは、「興居島の復興」をメインとして活動することにしました。

文化祭では、興居島の被災状況を展示し、義援金を募りました。(義援金は興居島まちづくり協議会伝統文化継承部長の菅様に、先日お渡ししました。御協力いただいたみなさん、ありがとうございました。)

10月の中間テスト最終日には、がれきの除去後も泥などの汚れが残る神社の清掃や土嚢積み、また、被災した「島四国」の札所の清掃・かたづけを、地域の方々と協力しながら行いました。作業の合間には、テングサを使った郷土料理をいただいたり、励ましや感謝の言葉をたくさんいただきました。本来なら島の方々のお手を煩わせることなく行うべき活動ですが、温かいお心遣いをいただき、楽しく、やりがいを感じながら活動することができました。本当にありがとうございました。

今後は、「島四国」全体の調査や清掃、「秋の収穫祭」での催しなどを計画しています。

われわれの活動が、少しでも興居島の方々のお役に立つことができればと考えています。

 

 

0