ブログ
 「令和元年度 えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin中予」が1月24日(金)松山市総合コミュニティーセンターで開催され、午前はステージ発表、午後は地域活性化サミットが行われました。本校からは、「日本の次世代養成塾」の発表者である2年生の杉原英太郎さんと1年生30名が参加しました。 中予地区の高校で実施されている、特色ある活動の発表があり、参加者から質問や感想が活発に述べられました。 杉原さんは「日本の次世代養成塾」の魅力を語り、聴衆に参加を促す熱弁を振るいました。また、1年生の参加者も意欲的に質問し、理解を深めようとしました。参加者全員が共感し、共有するものが多くあり、大変有意義なコンソーシアムとなりました。
本日6時間目、「あなたはどうしたいの?」というテーマで、本校保健体育科の今岡鮎美教諭による衛生講話が行われました。 『旅する教師』として各国を旅してきた自身の経験から、自分の人生をどのように捉え、考え、行動していけばいいのか、たくさんのエピソードを交えてお話し下さいました。 どの生徒も興味津々で耳を傾け、共感し、たくさんのことを吸収したようでした。講演後の生徒の感想文には、前向きな言葉がたくさん並んでおり、生徒たちの明日からの変容に期待です。
   北高人権デーが実施されました。 今回は、「盲導犬止まらぬ減少」という内容を取り扱いました。視覚障がい者の日常を支える盲導犬が国内で減ってきています。盲導犬の訓練に関する課題や盲導犬以外の選択肢の増加などについて、果たして北高生はどのように感じたのでしょうか。 同時に12月の人権デーも振り返りました。前回のテーマは「映画界も性差別解消を」という内容でした。「映画の世界でこのような女性の苦悩があることを知らなかった・・・」「SNSが#Me Too運動のようないいことに利用されていると知り、うれしく感じた・・・」等、様々な視点からの感想が紹介されました。 保護者の方々からもたくさんの貴重な感想をいただきました。すべてを紹介できませんでしたが、本当にありがとうございました。
 今日は、センター試験の2日目です。昨日は18:10までリスニングが行われた長丁場でしたが、疲れも見せず元気に登校してきました。数多くの笑顔が見られて、1日目のよい手応えと2日目への意気込みを感じました。長井校長をはじめとする教員団からの激励を受けて、数学と理科に向かいます。年越し特訓等での経験を自信に変えて、自己ベストを出してくれると確信しています。頑張れ~、北高生♬  
 大学入試センター試験の1日目です。思ったほど冷え込みもなく、生徒も適度な緊張感と自信にあふれる表情です。正門で先生と握手やハイタッチでパワーを受け取って、笑顔で受験会場に向かいました。北高生の健闘を祈ります!
 明日からのセンター試験を前に、体育館で激励会を行いました。校長メッセージの代読と教頭、西山学年主任の激励がありました。どの生徒も順調な仕上がりに裏付けられたやる気と自信に満ちあふれた表情で頼もしく感じました。3年間で培った「本番に強い北高生」を存分に発揮し、自分を信じてベストを尽くして欲しいと思います。   校長メッセージ   
 大学入試の第一関門と言われるセンター試験が近づいてきました。今日は、進路課長から3年生に対して注意事項や心構えが丁寧に説明されました。引き締まった表情を見ていると、順調な仕上がりを感じます。当日は、自分の持てる力を存分に発揮して欲しいと思います。頑張れ!北高生♫  
愛媛県男女共同参画センターで行われた清水校区の成人式に吹奏楽部が出演依頼をいただき、フルート三重奏と木管三重奏の演奏を行いました。 成人の中には本校の卒業生もいらっしゃり、お祝いに花を添えることができて光栄でした。 華やかな雰囲気の中で、少しでも成人の方の思い出になれば、と心を込めて演奏させていただきました。  
ブログ
01/15
パブリック
今年の最初のお稽古だったので、茶道の先生が「善哉」(ぜんざい)を準備してくださいました。 美味しくいただくとともに、いつもとは違う作法を教えていただきました。 また、校長先生をご招待して、お茶も差し上げました。 今年一年、さらにお稽古に精進して、日本の文化を大切にしていきたいと思います。
 1・2年生の体育は、マラソン大会に向けての練習です。今日は、冬らしい冷え込みですが寒さを吹き飛ばすように元気に走っていました。走るのが得意な子も苦手な子も一生懸命で、「頑張れ~!」と声援を送ると、笑顔を返してくれました。  
 坂の上の雲ミュージアムにおいて、北高放送部による進行のもと、「秋山好古祭2020」が会場いっぱいの聴衆を集めて行われました。まず北高で勤務された山﨑常盤同郷会理事長が、北予中学校時代の秋山好古校長について講話をされました。その後、北高コーラス部による歴代の校歌や応援歌の披露、そして、フルート奏者の光永さんとのコラボで「いのちの名前」を歌いました。創立120周年を迎える松山北高校に関わる先人の思いを知る貴重な時間となりました。    
 陸軍軍人で北予中学校(現松山北高)の校長を務めた秋山好古(1859~1930年)の生誕161年祭が11日、愛媛県松山市歩行町2丁目の生誕地で開催されました。秋山好古のお孫さんの奥様やひ孫さんも東京からお越しになり、参加者全員で誕生日を祝い、柔道・合気道稽古始め、餅つき大会が行われました。    
ジュニア男子1回戦 隅川  1ー3  斎藤(岡山) 初めての全日本、1セット目は緊張から5点で落としてしまいましたが、2セット目9ー11と競り、3セット目、11ー8で1セットを取り返しました。 4セット目は不運な失点が重なり6ー11、残念ながら初戦敗退という結果でした。 この経験を糧に、次の大会に向けて頑張ります。応援ありがとうございました。
明日から19日まで、大阪の丸善インテックアリーナにて全日本卓球選手権が開催されます。 本校からは、男子ジュニアの部に 2年生の隅川選手が出場します。 無事会場に到着し、13時からの受付を済ませ、明日の試合に向けて練習しています。 皆様、応援よろしくお願いします!
 今日から三学期です。大掃除に続いて、体育館において始業式が行われました。  校長式辞では、茨木のり子さんの詩「自分の感受性ぐらい」を朗読して、何事も人のせい、何かのせいにするのは楽なことであるが、自分できちんと考えて生きていくように。また、「志」には「心がある方向を目指す(心指す)」と「十ある心を一つにまとめる」の意味がある。志をもって自分を高め、社会に貢献する人材を目指して欲しい。最後に「青雲の志」という言葉を送って締めくくりました。  令和元年度 3学期始業式 式辞(PDFファイル)
愛媛県立松山北高等学校入札情報   件名 自動販売機設置に係わる県有財産の貸付けについて(お知らせ)   ※各文書(pdfまたはdoc)のファイル名をクリックしてダウンロードしてからご覧下さい。       1 貸付物件     (物件1)土地 愛媛県立松山北高等学校 購買室北側 5.8㎡  2台     (物件2)土地 愛媛県立松山北高等学校 購買室北側 2.9㎡ 1台     (物件2)土地 愛媛県立松山北高等学校 購買室北側 2.9㎡ 1台     2 貸付期間      令和2年4月1日から令和5年3月31 日     3 現地説明の日時      令和2年1月29日(水)から2月12日(水)          4 入札及び開札     (1)入札書の受領期限及び開札の日時      (物件1) 令和2年3月6日(金)午前10 時      (物件2) 令和2年3月6日(金)午前10 時30 分      (物件3) 令和2年3月6日(金)午前11 時          (2)開札の場所       松山市文京町4番地1        愛媛県立松山北高等学校 記念館1階研修室     (3)入札の提出方法       持参又は書留郵便等  ...
ブログ
01/06
パブリック
 昨年の12月26日、伊予鉄グループの佐伯要会長、清水一郎社長をはじめ関係の方々に本校を訪問いただきました。本校の正門入って右手には、伊予鉄道の第3代、第5代社長として伊予鉄道の基盤をつくった井上要氏の像が建立されています。  井上要氏は、実業家、政治家として愛媛県政財界の中心人物で松山の発展に尽くした偉大な人物で、四国初の松山高等商業学校(現松山大学)の創立にも尽力されました。明治35年に社団法人北予中学会理事となり、大正13年には秋山好古陸軍大将に北豫中学校(松山北高校の前身)の校長就任を要請し実現しました。 中央の高官であった者が郷里とはいえ地方の一中学の校長になるというのは極めて異例で、社会的にはいわば格下げとなるわけですが、校長就任の要請を聞いた秋山大将は快くそれに応じました。北予中学の理事であった井上要氏はこの校長就任要請のときの模様を次のように伝えています。  北高は、来年度創立120周年を迎えます。本校ゆかりのある人物の功績や意志を学ぶことは、本校で学ぶ者にとって大切なことです。  
 本年も松山北高等学校ホームページをよろしくお願いします。  年末から行っている3年生の年越し特訓ですが、いよいよ最終ブロックに入ります。学年主任の温かいまなざしの元、生徒は元気に登校してきました。今日と明日は、本番のスケジュールにあわせて行われるので空き時間の使い方もポイントになります。この特訓で得た貴重な経験を大きな自信として、本番に臨んでほしいと思います。頑張れ、北高生♪