カレンダー
 今朝は冷え込みも厳しく、布団から出るのに勇気が必要でした。その分、日中は気温が上がって、雲一つ無い好天となっています。毎年恒例となった、校訓「文武心」の石碑前の菊もちょうど見頃で登下校の生徒や教職員を和ましてくれています。  
11月14日(木)本校校長室にて、第92回選抜高等学校野球大会の「21世紀枠」愛媛県推薦校の表彰式が行われました。野球部主将竹内寛一郎君が、長谷川容子毎日新聞社松山支局長から表彰状を受け取りました。竹内主将は「選んでいただいたことは、非常に光栄です。現状に満足せず上を目指し、これから一層頑張っていきます。」と決意を述べました。
11月14日(木)6・7限目に1年生および保護者を対象にコース選択説明会を実施しました。保護者の皆様、多くのご参加ありがとうございました。学校長あいさつにつづき、学年主任、教務課長、進路課長からそれぞれ1年生の現状、教育課程とコース選択、進路決定についての説明がありました。2年生からは文系・理系に分かれて学習することを再認識するとともに、教育課程や時間割を理解することができました。また、地歴・理科・芸術・家庭・数学・英語の各教科から、選択科目の説明もあり、受験大学によって入試科目が異なることから、大学調べをしっかりと行い、コースを選択していく必要があることがわかりました。決断するのは自分自身!科目の好き嫌いで選択するのではなく、将来の進路をよく考えて決断しましょう。そして、わからないことがあれば、HR担任、教科担任、進路課、教務課の先生に相談し、慎重にコース決定をしていきましょう。  
   北高人権デーが実施されました。今回は、「SDGSと人権」がテーマでした。SDGS(持続可能な開発目標)の17の目標・169ターゲットの達成に向けて、世界でも国内でも様々な取組が進められています。これまで主として経済、社会、環境の分野で取組がなされてきた領域で、人権の保障が実際に保障されているかどうかは、国連加盟国と私たち一人一人の自覚と熱意にかかっていると言えます。果たして北高生は、このことについてどのように感じているのでしょうか。    
 今朝は今年新規採用教員として赴任した武智先生の講話がありました。まず、母校である北高に赴任しての思いを当時の校舎や担任の先生、受験勉強の事などを交えながら語りました。その中で、「先生を含めて、みんながレベルの高いところでベクトルが同じ方向を向いていた」ことを北高の良さとして振り返っていました。  さらに大学と高校について、高校では与えられる(用意される)ことが多いのに対して、大学では自らが先を見て周りを見て考えて行動することが多いことを違いとして あげました。  最後に、悩みや不安を抱えている人もいるとは思いますが、それを乗り越えることで自信や成長に繋がるので、多くの先生や友達が見守ってくれるこの北高で何事にも取り組んで欲しいとメッセージを送ってくれました。  
   放課後、家庭クラブ第2回料理講習会を実施しました。   今回は河原学園ドイツ人シェフのエンゲルハート先生(通称ウリ先生)、マイスター兼通訳の杉沢先生を講師にお招きし、ビスキュイ生地のオムレットを作りました。講師の先生のユーモアあふれる説明や分かりやすいデモストレーションなどに、生徒は「さすがプロ」と感動していました。焼き上がった生地にクリームやオレンジなどでおしゃれに盛り付けて試食しました。  どの班も楽しく調理に取り組み、プロからお菓子作りを学ぶいい機会になりました。
 図書委員会が作成している図書館だより「いずみ」を掲載しました。  上のメニューの「保護者の皆様へ▼」の部分よりご覧下さい。  なお、こちらをクリックしていただいてもご覧になれます。
 11月8日(金)の3時間目に2年1組で生物基礎の研究授業が行われ、ブタの腎臓の解剖実習を実施しました。実験では、腎動脈に墨汁を流し込んで腎臓を切開し、腎臓の内部構造を観察・スケッチしました。  次に、腎皮質の切片を顕微鏡で観察し、血液がろ過される糸球体が、流し込んだ墨汁の粒子で毛玉状に染色されている様子を確認しました。授業は、ICT機器を活用してアクティブラーニング的に行われ、尿形成の仕組みについて理解を深めることができました。    
10月31日(木)・11月1日(金)に、授業公開を実施しました。大勢の参観をいただきありがとうございました。ICTを活用したり、アクティブ・ラーニング型の授業を展開したりしながら、各教室で生徒が活発に活動しました。10月31日(木)6限目には、各クラスで人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。身の回りの差別について考えたり、差別解消に向けての歴史を学んだり、各学年でテーマに沿って学習しました。11月1日(金)の午後からは中高連絡会も開催し、中学校の先生方にも授業を参観していただきました。2日間ありがとうございました。