校長室より

ご挨拶

校長 立石 淳(たついし じゅん)

 本校は明治33年に設立され、今年度創立118年を迎える県下屈指の伝統校です。北豫中学校の質実剛健、城北高等女学校の清楚の気風を受け継ぎ、四万人近い有為な人材を世に送り出してまいりました。同窓生は、地元愛媛県はもちろん、全国各地で活躍しております。
本校は、「文武心」三道三立を校訓に掲げ、県下有数の進学校であるとともに、部活動も活発で、毎年多くの部活動が県大会で上位に入賞し、全国大会に出場しています。高いレベルの文武両道に加えて、日々の教育活動の中で心を育てる教育にも力を入れており、バランスのとれた社会貢献できる人材の育成をめざしています。
 私は今から41年前に本校を卒業した同窓生(北高28期)です。以前、地歴・公民科の教諭として10年間本校で地理を教えていましたが、12年ぶりに母校に帰ってきました。校歌にも歌われている「澄みたる瞳に叡智を秘めた」素直な生徒たちは、今も変わらず挨拶がよくでき、活気に満ちた学校生活を送っています。この生徒たちの未来を開くために、教職員一同全力で教育活動に邁進してまいりますので、本校に対しまして一層の御理解、御支援をよろしくお願いします。