ブログ

2019年10月の記事一覧

全校朝礼 称賛式(8:20~8:40)

 29日(火)の朝、全校朝礼で称賛式を行いました。国民体育大会での優勝や入賞などがあり、全国での活躍が顕著でした。また、新人大会でもたくさんの部活が活躍しており、さらに表彰が増えていくことが期待されます。

           

 

0

授業公開の案内

 今週の10月31日(木)~11月1日(金)の2日間、授業公開を実施いたします。8月には各HR教室に従来の黒板に変わって電子黒板機能付きホワイトボードが設置されました。多くの授業でプロジェクターを用いた授業が展開されています。ご多用中とは存じますが、ご参観いただきますようご案内申し上げます。

 

0

第2回防災避難訓練10月24日(木)

 10月24日(木)14時から、第2回防災避難訓練を行いました。今回は、地震発生時を想定し、避難方法や避難経路を確認しました。残念ながら当日は雨のため、避難場所を第一体育館に変更しての実施となりましたが、全員、速やかに避難することができました。
 その後、晴天時に行う予定であった「消火器・担架搬送に関する訓練(1年生)」「救助袋による訓練(2年生)」「起震車による訓練(3年生)」についての説明や、防災に関する講話を本校教諭から聞きました。いざという時の対策の方法として、警戒レベルの違いととるべき行動、指定緊急避難場所と指定避難場所の違い、ハザードマップの活用方法等について学びました。生徒も真剣に聞いていました。今回の防災避難訓練によって学んだことを忘れず、今後の生活に生かしてほしいと思います。

0

1年生 交流学習 10月17日(木)

「地域連携心豊かな高校生育成事業」の一環で、10月17日に清水小学校、湯築小学校、東雲小学校及び障害者支援施設と交流学習を行いました。交流の時間を充実させようと、事前に生徒たちは準備を行い、実際に体験してみて、うまくいった事や思うようにいかなかった事など様々な経験を積むことができました。この経験を活かして、将来は社会貢献できるよう日々過ごして行きたいと思います。

 

 

0

水野広徳75回忌追悼法要・講演会への参加

10月20日(日)松山市柳井町の蓮福寺で「水野広徳75回忌追悼法要・講演会」が行われ、本校から教員2名と生徒3名が参加しました。松山市で生まれた水野広徳は、海軍軍人として日露戦争に従軍し、日本海海戦を描いた『此一戦』という本を出版しました。しかし、第一次世界大戦でのヨーロッパの悲惨な状況を視察した後、一転して戦争に反対するようになりました。軍部の反感を買い、水野は軍人を辞めますが、その後も言論人として弾圧に屈することなく、自分の考えを主張し続けました。墓前での法要の後、子規記念博物館学芸員の平岡瑛二さんと文芸研究家のカジポン・マルコ・残月さんの講演がありました。平岡さんからは、水野が日米開戦の20年前に日本の敗戦を予測するなど、すぐれた先見性を持っていたことを教えていただきました。また、カジポンさんは「墓マイラー」として世界中の偉人の墓巡礼をされており、平和な世界にしていくためには「互いの違いを探すよりも、共通点を見つけようとすることが大切」と話されていました。

 

0

バーチャル市役所全体発表会 10月17日(木)

2年生が昨年夏から取り組んできた『バーチャル市役所』の、全体発表会が体育館で行われました。

9講座の代表が、1年間の研究の成果、テーマに対する提案を6分間で発表し、最後に、松山市役所企画戦略課の村山様が来校、指導講評をしてくださいました。


『バーチャル市役所』を始めたばかりの1年生も参加し、2年生の発表を聞き、熱心にメモを取っていました。2年生の次のテーマは『SDGs』です。本校の指導目標にもある「社会に貢献できる人材の育成」を目指し、取り組んでいきます。

 

 

 

0

陸上競技部 大会報告 10月19日(土)

 10月18日から広島広域公園陸上競技場で開催されているU18日本陸上競技選手権大会で男子棒高跳に出場した野本唯人が4m95の記録で見事2位に入賞しました。

 

0

本日(10月12日)の模擬試験について

 本日、3年生の進研記述模試、1・2年生の駿台ハイレベル模試は予定通り実施します。台風の影響で雨風が強い時間も考えられるの安全に十分留意して登校してください。

0

茨城国体 ボート競技

 茨城県潮来市立ボートコース(10月3日~10月7日)において、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」ボート競技会が開催されました。

 本校からは、菅谷永君が愛媛選抜クルーの一員として出場し、少年舵手つきクォドルプルにおいて、第5位に入賞しました!

 愛媛県選抜クルーの4連覇がかかるなか、天候悪化によって一部のレースが中止になるなどの悔しさも残りました。

 捲土重来、来年の国体で再び頂点を目指します!

0