ブログ

高大連携講座 愛媛大学工学部

7月4日に愛媛大学の工学部で実施された高大連携講座では、「身の回りに見られる光の現象」、「金属を電子顕微鏡で見てみよう~原子が作るナノの世界~」、「医学と工学が連携する~異なる学問の異なる立場~」の3講座に分かれて講義を受けました。身近な事象について分析したり、学んだりすることの面白さや楽しさを感じることができました。

   

現代社会を支える光の技術とは・・・?  偏光板を動かして・・・。この原理が

                   サングラスなどに応用されている。

   

工学部の研究で、血管断面をつなげ  実験道具をお借りして、試しに

て3D像を構築させるなどで医療に  やってみる。

携わっている。