ブログ

愛媛大学教職大学院研究発表 年2月13日(土)

本校で教鞭を執りながら、大学院で2年間研究を行ってきた忽那先生が研究発表を行いました。

「部活動改善の教育経営的アプローチ -指導者の専門性と非専門性に着目して-」

というテーマで、教育的意義の大きい部活動を今後も継続していく上で解決していかなければならない「専門的指導者の確保」について、大学生への協力依頼を提案する内容でした。

忽那先生、忙しい中、すばらしい研究発表お疲れ様でした。