ブログ

人権・同和教育全体学習会(1年生)

 

  2月7日(木)、人権・同和教育のHR活動に先駆けて、「差別はどのようにつくられたのか~同和問題学習を始めるにあたって~」をテーマに全体学習会を行いました。中学校の時にも学習してきたことを確認したうえで、最近の研究成果を交えながら中世・近世でどのように差別がつくられてきたのかを学習しました。同和問題は「差別する側の問題」であり、「差別される側の問題ではない」という言葉が印象的でした。この後、クラスに分かれて「なぜ同和問題について学習するのか」について認識を深めました。