ブログ

家庭クラブ主催 第4回乳児院訪問

 12月4日(火)の放課後、1年生2名、2年生3名で松山乳児院を訪問しました。男子生徒は、訪問する前には「泣かれたらどうしよう。」と不安を口にしていましたが、部屋に入ると子どもたちから近づいてきてくれて、心の底から楽しんだようです。職員の方々が「いっぱい遊んでくれて、子どもたちがいい顔をしていた。」と言ってくださり、参加した5名も初めとは違う柔らかい表情で乳児院を後にしました。

<生徒の感想の一部>

・私が経験したことのないようなさまざまな状況の小さな子どもたちの家である乳児院、親である保育士さんや看護師さんや看護師さんの大切さや苦労は計り知れないと思います。いつもの学校では抱かない感情や学べる知識・・・貴重な体験をさせていただきました。

・今日ボランティアをした中で印象に残ったのはアンパンマンの影響力です。泣いてしまっている子が多かったのでテレビをつけると、みんな遊ぶのを忘れてずっと集中してアンパンマンを見ていて、アンパンマンはすごいなと思いました。

・部屋に入った時、おやつの時間だったので気まずい感じになって、二人くらい泣かせてしまいました。でも、遊びの時間になると、食べ物のおもちゃを渡してくれたりして、温かい気持ちになりました。