ブログ

北高人権デー 10月20日(水)

 

   第4回北高人権デーが実施されました。

今回は、「オリンピック史における差別への反逆」というテーマで、1968年のメキシコシティ大会陸上競技男子200m表彰式での2人の黒人選手の事例が紹介されました。黒人たちの苦しみを世界に訴え、黒人であることの誇りと立ち上がる意志を見せた「ブラックパワー・サリュート(黒人の力を示威する敬礼)」と呼ばれたこの事例について、果たして北高生はどのように感じたでしょうか。