ブログ

松山北高校日記(ブログ)

愛媛県高等学校総合文化祭(吟詠剣詩舞部門)に出演しました

令和元年度は、1年生が6名と2年生5名の総勢11名での参加となりました。

1年生は初舞台です。個人の部と合同の部が開催され、合同の部に披露した構成吟「長安懐古」は、来年7月に行われる全国高等学校総合文化祭に出演が決まりました。 

            1年生「長安春望」廬綸 作            2年生「天門山を望む」李白 作

                                     吟は小松高校の生徒が付けてくれました

0

北高の風景 11月15日(金)

 今朝は冷え込みも厳しく、布団から出るのに勇気が必要でした。その分、日中は気温が上がって、雲一つ無い好天となっています。毎年恒例となった、校訓「文武心」の石碑前の菊もちょうど見頃で登下校の生徒や教職員を和ましてくれています。

 

0

21世紀枠愛媛県推薦校表彰式が行われました。11月14日(木)

11月14日(木)本校校長室にて、第92回選抜高等学校野球大会の「21世紀枠」愛媛県推薦校の表彰式が行われました。野球部主将竹内寛一郎君が、長谷川容子毎日新聞社松山支局長から表彰状を受け取りました。竹内主将は「選んでいただいたことは、非常に光栄です。現状に満足せず上を目指し、これから一層頑張っていきます。」と決意を述べました。

0

1年生コース選択説明会を実施しました 11月14日(木)6・7限

11月14日(木)6・7限目に1年生および保護者を対象にコース選択説明会を実施しました。保護者の皆様、多くのご参加ありがとうございました。学校長あいさつにつづき、学年主任、教務課長、進路課長からそれぞれ1年生の現状、教育課程とコース選択、進路決定についての説明がありました。2年生からは文系・理系に分かれて学習することを再認識するとともに、教育課程や時間割を理解することができました。また、地歴・理科・芸術・家庭・数学・英語の各教科から、選択科目の説明もあり、受験大学によって入試科目が異なることから、大学調べをしっかりと行い、コースを選択していく必要があることがわかりました。決断するのは自分自身!科目の好き嫌いで選択するのではなく、将来の進路をよく考えて決断しましょう。そして、わからないことがあれば、HR担任、教科担任、進路課、教務課の先生に相談し、慎重にコース決定をしていきましょう。

 

0

北高人権デー 11月13日(水)

   北高人権デーが実施されました。
今回は、「SDGSと人権」がテーマでした。SDGS(持続可能な開発目標)の17の目標・169ターゲットの達成に向けて、世界でも国内でも様々な取組が進められています。
これまで主として経済、社会、環境の分野で取組がなされてきた領域で、人権の保障が実際に保障されているかどうかは、国連加盟国と私たち一人一人の自覚と熱意にかかっていると言えます。果たして北高生は、このことについてどのように感じているのでしょうか。


 

 

0

全校朝礼「新規採用教員講話」 11月12日(火)

 今朝は今年新規採用教員として赴任した武智先生の講話がありました。まず、母校である北高に赴任しての思いを当時の校舎や担任の先生、受験勉強の事などを交えながら語りました。その中で、「先生を含めて、みんながレベルの高いところでベクトルが同じ方向を向いていた」ことを北高の良さとして振り返っていました。

 さらに大学と高校について、高校では与えられる(用意される)ことが多いのに対して、大学では自らが先を見て周りを見て考えて行動することが多いことを違いとして あげました。

 最後に、悩みや不安を抱えている人もいるとは思いますが、それを乗り越えることで自信や成長に繋がるので、多くの先生や友達が見守ってくれるこの北高で何事にも取り組んで欲しいとメッセージを送ってくれました。

 

0

家庭クラブ 第2回料理講習会 11月12日

   放課後、家庭クラブ第2回料理講習会を実施しました。

  今回は河原学園ドイツ人シェフのエンゲルハート先生(通称ウリ先生)、マイスター兼通訳の杉沢先生を講師にお招きし、ビスキュイ生地のオムレットを作りました。講師の先生のユーモアあふれる説明や分かりやすいデモストレーションなどに、生徒は「さすがプロ」と感動していました。焼き上がった生地にクリームやオレンジなどでおしゃれに盛り付けて試食しました。

 どの班も楽しく調理に取り組み、プロからお菓子作りを学ぶいい機会になりました。

0

図書館だより「いずみ」11月号

 図書委員会が作成している図書館だより「いずみ」を掲載しました。

 上のメニューの「保護者の皆様へ▼」の部分よりご覧下さい。

 なお、こちらをクリックしていただいてもご覧になれます。

0

研究授業(2年生 生物基礎)

 11月8日(金)の3時間目に2年1組で生物基礎の研究授業が行われ、ブタの腎臓の解剖実習を実施しました。実験では、腎動脈に墨汁を流し込んで腎臓を切開し、腎臓の内部構造を観察・スケッチしました。

 次に、腎皮質の切片を顕微鏡で観察し、血液がろ過される糸球体が、流し込んだ墨汁の粒子で毛玉状に染色されている様子を確認しました。授業は、ICT機器を活用してアクティブラーニング的に行われ、尿形成の仕組みについて理解を深めることができました。

   

0

授業公開を実施しました 10月31日(木)・11月1日(金)

10月31日(木)・11月1日(金)に、授業公開を実施しました。大勢の参観をいただきありがとうございました。ICTを活用したり、アクティブ・ラーニング型の授業を展開したりしながら、各教室で生徒が活発に活動しました。10月31日(木)6限目には、各クラスで人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。身の回りの差別について考えたり、差別解消に向けての歴史を学んだり、各学年でテーマに沿って学習しました。11月1日(金)の午後からは中高連絡会も開催し、中学校の先生方にも授業を参観していただきました。2日間ありがとうございました。

      

0

家庭クラブ主催 「万葉苑清掃活動」

   11月2日(土)の進研模試後、1年生85名、2年生96名で家庭クラブ主催の「万葉苑清掃活動」を実施しました。
   家庭クラブのこの活動は、30年以上続く伝統的な活動です。
   爽やかな秋晴れの下、生徒たちは模試の疲れを感じさせず熱心に落ち葉を集めたり、時には手を止めて苑内の慰霊碑や句碑、植物の説明を見たりしていました。

 

 

0

SDGs全体説明会 10月31日(木) (2年生 総合的な学習の時間)

1年次から取り組んだ「バーチャル市役所」を終え、2年次の後半は「SDGs」に取り組みます。

剣道場にて全体説明会を行い、2名の教員が環境問題の対策として日々実践していることを発表しました。

学年共通のテーマは「環境」です。問題解決に向けて北高生が日々実践できることは何か、しっかり考え、見つけたいと思います。

0

全校朝礼 称賛式(8:20~8:40)

 29日(火)の朝、全校朝礼で称賛式を行いました。国民体育大会での優勝や入賞などがあり、全国での活躍が顕著でした。また、新人大会でもたくさんの部活が活躍しており、さらに表彰が増えていくことが期待されます。

           

 

0

授業公開の案内

 今週の10月31日(木)~11月1日(金)の2日間、授業公開を実施いたします。8月には各HR教室に従来の黒板に変わって電子黒板機能付きホワイトボードが設置されました。多くの授業でプロジェクターを用いた授業が展開されています。ご多用中とは存じますが、ご参観いただきますようご案内申し上げます。

 

0

第2回防災避難訓練10月24日(木)

 10月24日(木)14時から、第2回防災避難訓練を行いました。今回は、地震発生時を想定し、避難方法や避難経路を確認しました。残念ながら当日は雨のため、避難場所を第一体育館に変更しての実施となりましたが、全員、速やかに避難することができました。
 その後、晴天時に行う予定であった「消火器・担架搬送に関する訓練(1年生)」「救助袋による訓練(2年生)」「起震車による訓練(3年生)」についての説明や、防災に関する講話を本校教諭から聞きました。いざという時の対策の方法として、警戒レベルの違いととるべき行動、指定緊急避難場所と指定避難場所の違い、ハザードマップの活用方法等について学びました。生徒も真剣に聞いていました。今回の防災避難訓練によって学んだことを忘れず、今後の生活に生かしてほしいと思います。

0

1年生 交流学習 10月17日(木)

「地域連携心豊かな高校生育成事業」の一環で、10月17日に清水小学校、湯築小学校、東雲小学校及び障害者支援施設と交流学習を行いました。交流の時間を充実させようと、事前に生徒たちは準備を行い、実際に体験してみて、うまくいった事や思うようにいかなかった事など様々な経験を積むことができました。この経験を活かして、将来は社会貢献できるよう日々過ごして行きたいと思います。

 

 

0

水野広徳75回忌追悼法要・講演会への参加

10月20日(日)松山市柳井町の蓮福寺で「水野広徳75回忌追悼法要・講演会」が行われ、本校から教員2名と生徒3名が参加しました。松山市で生まれた水野広徳は、海軍軍人として日露戦争に従軍し、日本海海戦を描いた『此一戦』という本を出版しました。しかし、第一次世界大戦でのヨーロッパの悲惨な状況を視察した後、一転して戦争に反対するようになりました。軍部の反感を買い、水野は軍人を辞めますが、その後も言論人として弾圧に屈することなく、自分の考えを主張し続けました。墓前での法要の後、子規記念博物館学芸員の平岡瑛二さんと文芸研究家のカジポン・マルコ・残月さんの講演がありました。平岡さんからは、水野が日米開戦の20年前に日本の敗戦を予測するなど、すぐれた先見性を持っていたことを教えていただきました。また、カジポンさんは「墓マイラー」として世界中の偉人の墓巡礼をされており、平和な世界にしていくためには「互いの違いを探すよりも、共通点を見つけようとすることが大切」と話されていました。

 

0

バーチャル市役所全体発表会 10月17日(木)

2年生が昨年夏から取り組んできた『バーチャル市役所』の、全体発表会が体育館で行われました。

9講座の代表が、1年間の研究の成果、テーマに対する提案を6分間で発表し、最後に、松山市役所企画戦略課の村山様が来校、指導講評をしてくださいました。


『バーチャル市役所』を始めたばかりの1年生も参加し、2年生の発表を聞き、熱心にメモを取っていました。2年生の次のテーマは『SDGs』です。本校の指導目標にもある「社会に貢献できる人材の育成」を目指し、取り組んでいきます。

 

 

 

0

陸上競技部 大会報告 10月19日(土)

 10月18日から広島広域公園陸上競技場で開催されているU18日本陸上競技選手権大会で男子棒高跳に出場した野本唯人が4m95の記録で見事2位に入賞しました。

 

0